岡庭吾義土(あぎと)改名「実験室に籠もり硫黄で無差別大量殺人テロを計画していた可能性」

岡庭由征

茨城県夫婦殺人事件の容疑者として5月7日に逮捕された岡庭由征容疑者ですが、既に身柄を拘束されていました。逮捕されたのは2021年2月です。岡庭由征容疑者は2020年11月にも逮捕されています。

今回は、2020年11月に岡庭由征容疑者が硫黄45kgを保有していたとして、条例違反で逮捕された件について掘り下げてみました。そこに見えたのは、ひとり実験室に籠もり、無差別大量殺人テロを計画していた岡庭由征容疑者の姿です。

調査結果をご覧ください。

岡庭吾義土(あぎと)改名・岡庭由征(よしゆき)の誕生

2011年12月に連続少女刺傷事件を起こした岡庭吾義土は逮捕されますが、この時は年齢が16歳ということもあり、留置所行きだけは免れたようですが、その後医療少年院を経て、岡庭吾義土は、なんと自分の名前を変えるという行動に出ます。

これが岡庭由征容疑者本人の意志だったのか、それとも社会的な体裁や息子の更生を考えた親によるものなのか、現時点では判明していません。

親戚に代議士のような有力者がいるのでは、と噂されている岡庭由征容疑者。そういった身内のことも考慮されたのかもしれません。

今回の岡庭由征容疑者の逮捕を受けて、2011年のツイートがリツイートされるという現象が起きています。その中のひとつが下記のものです。

未成年による犯罪は凶悪化の一途を辿っています。岡庭吾義土もまさに、そのような未成年犯罪者だったのです。

岡庭吾義土(あぎと)は岡庭由征(よしゆき)に生まれ変わることで、真人間になったのでしょうか。

残念ながら、岡庭由征への改名は、さらなる凶悪犯となる布石となってしまったのです。

岡庭由征容疑者「硫黄45kgを購入・無差別殺人を計画か」

ここに産経新聞の記事があります。

この時はこのように新聞で報じられた程度で、今回のように大々的にメディアで取り上げられることはありませんでした。

しかしこういったことを予想していた人もいます。興味深い書き込みを見つけました。

岡庭由征容疑者は2020年11月に、硫黄を大量保有(約45kg)していたとして、三郷市火災予防条例違反で逮捕されました。

その時の岡庭由征容疑者の様子がこの画像です。

この時は埼玉県警が前述したように、あくまで「条例違反」ということで逮捕したと報じられたのですが、既にこの時、埼玉県警は岡庭由征容疑者を茨城県夫婦殺害事件の犯人とみなして、殺人予備容疑で家宅捜索を行っています。

岡庭由征容疑者が大量の硫黄を保有している情報をキャッチしたのは、埼玉県警ではなく茨城県警だったのです。

この家宅捜索で埼玉県警は、岡庭由征容疑者の部屋から硫黄の他に、猛毒のリシンを含有するトウゴマや抽出に使う薬品も発見し押収しています。家宅捜索した埼玉県警のひとりはこう言っています。

「まるで実験室のようだった」と。

硫黄は有毒な硫化水素の原料でもあります。それを45kgも保有していたのは尋常ではありません。猛毒のリシンが押収されているのも同じく尋常ではない状況に思えます。

硫化水素は、少量でも呼吸困難や窒息を誘発する危険物です。気体ですから、長い時間硫化水素が空気中にある空間にいれば、意識障害に陥り死に至ります。

こういった危険物であることから、自殺方法の手段のひとつとして使われるのが有名です。

リシン(トウゴマ)も同じような効果があり、大変危険な有害物質です。空気中のリシンを吸えば、硫化水素同様、呼吸困難に陥り吐き気や痙攣なども引き起こします。吸入量が多ければ、血圧の低下や呼吸困難で死に至ります。

このような大変危険な物質を「実験室」で扱っていた岡庭由征容疑者は、人を殺すことに興奮する異常人物です。しかも大量の物質を保有していた。これは、岡庭由征容疑者の欲望を満たすため、つまりより多くの人間を殺傷するために「使われるはずだった」ものではないでしょうか。

つまり岡庭由征容疑者は実験室でこれらの物質を殺人のためにどうすべきか、日々研究していたのではないでしょうか。無職である岡庭由征容疑者ですから、研究する時間は有り余るほどあったわけです。

この時岡庭由征容疑者の取り調べを担当した埼玉県警のひとりは、「岡庭由征容疑者は論理的で頭がいい」という印象を持ったとコメントしています。

第二の酒鬼薔薇聖斗と言われた岡庭吾義土。改名して岡庭由征となったその姿は、地下鉄サリン事件のために、懸命にサリンを増産し、どのように無差別テロを成功させるかを日夜考えていたオウム真理教の犯行者達と重なります。

憶測の域を超えない内容かもしれませんが、人を殺すことに快感を感じる岡庭由征容疑者です。オウム真理教と同じく、化学物質を使って無差別大量殺人を計画していたと考えても、なんら違和感はありません。


※私が故意に投稿したものではありません。

岡庭由征のTwitter(ツイッター)を調査「在日ヅラだったイケメンの本名は吾義土(あぎと)」

岡庭由征の生い立ち「猫を虐待し少女を切りつけ欲求を満たす第二の酒鬼薔薇聖斗だった」

岡庭由征の実家を特定「岡庭一族は犯罪者だらけ・親族に三郷市市議会議員がいるというのは完全なデマ」

コメント