岡庭由征

岡庭由征のTwitter(ツイッター)を調査「在日ヅラだったイケメンの本名は吾義土(あぎと)」

茨城県境町の住宅で2019年、夫婦が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、すでに別の容疑で埼玉県警などに逮捕されている三郷市の岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者(26)の男を殺人の疑いで逮捕しました。今回、岡庭由征容疑者のTwitter(ツイッター)や顔画像を調査、結果、整形や改名の事実が判明しました。
2021.05.10
事件

西田裕一のFacebookを調査「レイプ目的で誘い出し練炭で殺害か」兵庫県中2女子死体遺棄事件

6日午前3時45分ごろ、兵庫県丹波市の林道で、県内の中学2年の女子生徒(13)の遺体が発見されました。「2人で自殺しようとしたが、死にきれなかった」として、住所不定無職、西田裕一容疑者(23)を逮捕しました。西田裕一容疑者のフェイスブック、ツイッターを調査、さらに今回の事件、今年3月に静岡県浜松市で起きた事件と酷似していることが判明しました。
2021.05.07
事件

酒本晴海さんのTwitter特定「韓流アイドル好き・禁止区域でBBQ飲酒し川に飛込みあの世へ逝く」

4日午後0時55分ごろ、川崎市中原区上丸子天神町の多摩川で、横浜市戸塚区の会社員、酒本晴海(さけもとはるみ)さん(20)がBBQをし飲酒した後川に飛込み溺れてしまいました。その後救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。今回、酒本晴海さんのツイッター・フェイスブック・インスタグラムを特定しました。調査結果をご覧ください。
事件

嘉本悟のFacebookを調査「困窮に悩み騒音に怒り統合失調症の可能性」大阪女子大生殺害事件

大阪府大東市の集合住宅3階一室で住人の大阪産業大学4年、吉岡桃七(ももな)さん(21)が殺害された事件で、大阪府警、吉岡桃七さん宅の真下にある2階一室で死亡していた男性が、嘉本悟容疑者(48)と判明したと発表。今回、嘉本悟容疑者のFacebook(フェイスブック)を調査、また嘉本悟容疑者が家賃滞納や他の住民と騒音トラブルを起こしていたことも判明しました。
2021.05.29
事件

吉岡桃七さんのインスタ特定「パーティー三昧の騒音キチガイ女は大阪産業大サッカー部マネージャー」

大阪府大東市の5階建てマンションで28日早朝、3階に住む私立大4年の吉岡桃七(ももな)さん(21)が自室で血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。今回犠牲者となった吉岡桃七さんのインスタグラムを特定。そこには大学生活を謳歌する姿が収められていた一方、今回の事件の原因になったのではないかと思われる様子も伺えました。
2021.05.11
トレンド

須藤早貴の経歴「和歌山カレー事件と酷似、和歌山県警は証拠を捏造して印象操作をしている」

連日メディアでは、須藤早貴容疑者が覚醒剤の売人と田辺市内で接触したとか、野崎幸助氏宅から覚醒剤が検出されたなどと報道していますが、これは同じ和歌山県で1998年に発生した「和歌山カレー事件」の時の報道とそっくりなんです。今回の記事では、須藤早貴容疑者の生い立ちと、和歌山県警が発表している報道内容が、国民に対する印象操作ではないのかを検証してみたいと思います。
2021.05.03
トレンド

野崎幸助氏(紀州のドン・ファン)の経歴「金で全てを手に入れてきた人間の末路は所詮こんなもの」

被害者である紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏の生涯について調査しました。見えてきたのは、野崎幸助氏はお金で全てのものを手に入れていた、ということです。金品はもちろん、女性との交際や結婚でさえもお金で買っていたのです。殺害された野崎幸助氏に対して言う言葉ではないかもしれませんが、私は敢えて言わせていただきます。金で全てを手に入れてきた人間の末路は所詮こんなもの・ざまあみろ、と
2021.05.02
事件

須藤早貴逮捕「野崎幸助氏殺害の共犯者は既に和歌山県警に拘束されている」紀州ドン・ファン事件

紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏が、最後の妻であった須藤早貴容疑者に覚せい剤を過剰摂取させられ亡くなったのが3年前の2018年。3年経った本日2021年4月28日早朝、和歌山県警は須藤早貴容疑者の逮捕に踏み切りました。今回の記事では、野崎氏殺害に須藤早貴容疑者と共謀した「第三者の存在」について言及してみようと思います。
2021.05.01
事件

須藤早貴は笑顔「野崎氏殺害前に愛犬イブで実験・告別式ではあくび三昧とスマホいじり」紀州ドン・ファン事件

野崎氏は覚醒剤の過剰摂取で亡くなりました。しかしその約3週間前、野崎氏が溺愛していた愛犬イブが謎の死を遂げます。野崎氏を殺害する前に、須藤早貴容疑者がイブに覚醒剤を投与し、事前に実験していた可能性が高まりました。 そして告別式当日、そこには夫を亡くしたとは思えない妻の姿だったのです。
2021.05.01