金子直美さん(品川区荏原殺人事件)Facebook特定「犯人の思い込みで殺される」

事件

5日午前11時ごろ、品川区荏原のマンションでこの部屋に住む52歳の金子直美(かねこなおみ)さんが部屋のベッドの上で血まみれで倒れているのを見つけました。金子直美(かねこなおみ)さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。

犯人は、金子直美(かねこなおみ)さんと交際関係にあった片山功一(かたやまこういち)容疑者(52)です。

5日午前11時ごろ、品川区荏原のマンションで「人を殺してしまった」と通報がありました。

捜査関係者によりますと、金子直美(かねこなおみ)さんの上半身には複数の刺し傷があり、台所には凶器とみられる血のついた包丁があったということです。金子直美(かねこなおみ)さんは脳性まひを患っていて、彼女のの介護をしていた52歳の介護福祉士、片山功一(かたやまこういち)容疑者が金子直美(かねこなおみ)さんを刺したと話しているということです。

今回の記事では金子直美さんのFacebook(フェイスブック)を特定、犯人である片山こういち容疑者との関係も浮かび上がってきました。

調査内容を報告したいと思います。

金子直美さんのFacebook(フェイスブック)

今回残念なことに、自らを介護していた介護士、片山こういち容疑者によって金子直美さんは殺害されてしまいました。

片山こういち容疑者は犯行動機を、「金子直美さんに別の男が出来たから」としています。しかしフェイスブックを御覧ください。紹介文にはこのような記載があります。

「東京品川で、10時間、一週間違う介助者さん達が入る、両親も兄弟も先出され、一人暮らしです。彼氏も居ません。付き添ってる男性は介助者です。」

この文章から、少なくとも金子直美さん本人は、今回犯人となった片山こういち容疑者に好意を持っていたようには見えません。つまり今回の殺人事件、片山こういち容疑者の一方的な思い込みで凶行されてしまった事件である可能性が非常に高いです。

もし交際していたというのが本当なのであれば、四六時中介護が必要な金子なおみさんです。一緒に暮らしていなかったのでしょうか。片山功一(かたやまこういち)容疑者の供述には、ちょっと引っかかる何かがあるように思えます。

金子直美さんは片山こういち容疑者と交際していたのか

金子直美さんのフェイスブックを確認してみると、確かに犯人である片山こういち容疑者とフェイスブック友達であることは分かります。

しかしこれだけでは、二人が本当に交際していたことには繋がりません。
なにか二人の関係性を示すものがないか調べてみました。

金子直美さんが片山こういち容疑者の投稿にコメントしています。

「私の仕事も、ちゃんとやってね。居眠りしないでね。」

とあります。片山こういち容疑者、金子直美さんの介護中に居眠りしていたんでしょうね。金子さんはそのことをあまり重く受け止めていないようですが、介護中に居眠りするだなんて考えられません。

金子直美さんのフェイスブック紹介文にあるように、少なくとも金子直美さんご自身は「彼氏はいない」と言っていることから、やはり今回の殺害事件は、片山こういち容疑者の一方的な思い込みによる犯行だったように思えます。

続報を待ちたいと思います。

コメント