山田美諭(やまだみゆ)かわいい「大怪我を乗り越え9年越しに叶えたTOKYO2020へ出場」テコンドー女子49キロ級

TOKYO2020

長身にロングヘア。さわやかできゅーとな笑顔は、アスリートというよりもモデルというのがしっくりくる、テコンドー日本代表の山田美諭(やまだみゆ)選手。

前回のリオ五輪での出場を有力視されながらも、最終選考会で右膝の靭帯損傷という大怪我を負い辛酸を嘗めた。

一度は引退を決意したものの、周囲からの応援もあり、城北信用金庫に努めながら競技を続行。見事TOKYO2020への切符を獲得しました。

山田美諭選手にとっては、出場できなかったリオ五輪から通算すると、9年越しの努力が実ったのです。

山田美諭「モデル並の容姿・足ながっ!」

全日本テコンドー選手権大会49kg級では、2015年から5連覇と国内に敵無し、2018年のアジア大会では銅メダルと、その実力は申し分なし!

しかし山田美諭選手を語る上で真っ先に出てくるのが、そのモデル並のルックスなのです。

競技外の山田美諭選手、サラサラのロングヘアと笑顔が魅力的ですね。

山田美諭選手のインスタグラムからの写真ですが、テコンドーのウォームアップなのでしょうか。足を伸び縮みさせています。

しかしこの写真見て下さい、山田美諭選手の足の長さを。

山田美諭選手は、足を垂直に180度上げることが出来るそうです。私なんて、すぐに踵落としを喰らってしまいますね。


うわっ!本当に足が垂直に上がっています!

前述しましたが、手足の長い選手にアドバンテージがあるテコンドーは、山田美諭選手にとって最適の競技なのでしょう。

父親の経営する空手道場で3歳から空手を始めた山田美諭選手ですが、モデル並のルックス、つまり体の線が細すぎるので空手を続けていくことを断念、テコンドー転向します。

手足の長い山田美諭選手は、テコンドー転向後、すぐに頭角を現し始め、あっという間に日本代表選手にまで駆け上がります。


マスクをしててもかわいい山田美諭選手。

山田美諭「本気になれなかった高校時代と恩師との出会い」

空手からテコンドーに転向し、あっという間に日本代表選手になった山田美諭選手。しかし、代表選手になったばかりの高校時代、山田美諭選手はこのようにコメントしています。

「どちらかというと、やらされている感があったと思う」

その証拠と言ってはなんですが、山田美諭選手は日本代表選手になったことに満足してしまい、世界選手権で戦って1、2回戦で敗退しても、悔しい気持ちはこみ上げて来なかったそうです。

これでは、日本代表選手としては、はっきり言って失格です。

そんな山田美諭選手の心に転機が訪れたのは、進学した大東文化大学テコンドー部の監督との出会いでした。

監督も山田美諭選手の試合後の態度を見て、その心を見抜きます。

「本気でオリンピックに出たいと思っているのか!」と罵声を浴びせられたことも。

しかし、山田美諭選手には返す言葉がありませんでした。監督に言われた通りだったからです。

しかしそこで腐らなかった山田美諭選手。この監督の言葉をきっかけに、テコンドーへの取り組み方が180度変わります。

精神的な弱点を克服した山田美諭選手の前にあったのは、2016年開催のリオ五輪でした。

山田美諭「まさかのリオ五輪代表落選・大怪我で引退」

大東文化大学での4年間は、まさにリオ五輪だけを目指してテコンドー漬けの日々を送っていた山田美諭選手。誰もが山田美諭選手のリオ五輪代表を期待していました。山田美諭選手本人にも、確信に近いものがあったと思います。

しかし山田美諭選手を悲劇が襲います。

準決勝で右膝の靭帯損傷という大怪我を負い敗退してしまいます。

4年間、リオ五輪出場だけを目標にテコンドー漬けの日々を送っていた山田美諭選手にとって、あまりにも残酷な結果となってしまいます。

泣きじゃくる山田美諭選手に対して、監督は「お前、今、泣いている場合か!」と声をかけます。

テコンドーの神様は、まだ山田美諭選手を見捨てていなかったのです。

山田美諭選手は敗者復活戦へ勝利し、リオ五輪への切符を掴むことに全集中します。

しかし…

山田美諭選手の右膝は、もう戦える状態ではありませんでした。

リオ五輪代表を確実視されていた山田美諭選手の手から、リオ五輪への切符はすり抜けていったのです。

山田美諭「遂に叶えたTOKYO2020での大舞台」

リオ五輪の最終選考会での右膝の靭帯損傷は、山田美諭選手の選手生命だけではなく、彼女の競技への執念さえも、残酷なまでに奪っていきます。

リオ五輪代表選手に選ばれなかった山田美諭選手は、負け試合のビデオを擦り切れるほど見ては、涙を流す日々が続きました。そして彼女は決心するのです。

「もう終わりにしよう」と。

しかし、そんな山田美諭選手を再び競技続行へと導いたのは、それまで山田美諭選手を支えていた家族やテコンドーを通して競い合った仲間たち、そして監督なのでした。

こんな自分を支えてくれる人達がいる、自分はなんて幸せ者なんだ、そう感じた山田美諭選手は、再び立ち上がり、次なる五輪、TOKYO2020に照準を合わせることを決意したのです。

右膝の大怪我を、山田美諭選手にとっての「挫折」と簡単に述べるのははばかられますが、この怪我が山田美諭選手をひとまわり大きくさせたのは間違いなかったようです。

山田美諭選手は次のようにコメントしています。

「これからどんなことがあっても、たいていのことなら乗り越えられる。」

山田美諭選手は大東文化大学を卒業し、城北信用金庫の職員として、社会人として再び五輪を目指すこととなったのです。

JOCが運営するアスリートの就活支援制度が、山田美諭選手と城北信用金庫とを結びつけたのです。JOCと城北信用金庫には心から拍手を贈りたいです。


城北信用金庫の職員としてテコンドーに臨む山田美諭選手の一日を見ることが出来ます。

かつては世界選手権で負けても、それほど悔しさも感じなかった山田美諭選手は、大東文化大学のテコンドー部の監督と出会いハングリー精神を磨き、右膝の大怪我を負ってからは、自分を支えてくれる人達への感謝を忘れず、城北信用金庫に就職してからは、それまで何度も世界戦で戦ってきた山田美諭選手に「自覚」を持たせてくれたのです。

練習だけではなく、普段の立ち振る舞いなども代表の名に恥じないようにと意識するようになった山田美諭選手。これまで培ったテコンドーの技術や勝つことへの執念に、「人間力」が加わったのです。

様々な経験をして彼女が手にしたのは、「悔しい思いや経験をプラスに変えて考えられるところ」というポジティブな精神力なのでした。

技術的な強さ、そして精神的な強さを身に着けた山田美諭選手に死角はありませんでした。

2020年2月9日に行われたTOKYO2020代表選考会 において、見事優勝を果たすこととなるのです。

リオ五輪を目指してから8年の月日が流れていました。

コロナ渦で1年延期となったTOKYO2020。山田美諭選手にとっては9年越しの五輪出場となります。

この9年間に山田美諭選手が経験し、糧としたものはあまりにも大きいものです。

単に試合に勝つだけではない、そんな武道家としての活躍を期待したいと思います。

山田美諭「TOKYO2020スケジュール・TV局と試合結果」

放送時間の詳細、放送局は分かり次第更新します。

山田美諭選手、テコンドー女子49キロ級
1日で予選から決勝です!ハードな闘いになります。
山田美諭選手、みんなで応援しましょう!

日付(曜日)対戦国放送時間放送局
7月24日(土)予選10:00〜13:30テレビ朝日系列
7月24日(土)準々決勝14:00〜15:30テレビ朝日系列
7月24日(土)準決勝16:00〜16:30テレビ朝日系列
7月24日(土)敗者復活戦敗者復活戦テレビ朝日系列
7月24日(土)3位決定戦20:30〜21:30テレビ朝日系列
7月24日(土)決勝21:30〜テレビ朝日系列

TOKYO2020の関連記事は↓をクリック!



TOKYO2020
準特急トレンドニュース

コメント

error:Content is protected !!